更年期障害

更年期障害について

更年期障害とは

閉経の5年前後くらいの時期に女性ホルモン分泌の機能低下により、生理の異常が出現し、顔がほてる、急に汗がふきでる、手足が冷える、気分が落ち込む、すぐにイライラする、頭痛や肩こりがひどい、疲れやすい、眠りにくいなど、体に様々な変調をきたす症状の総称のことを指します。

一方老年期障害としては以下の症状があります。

1.性器や泌尿器が萎縮により老人性腟炎や尿症状(頻尿、尿失禁等)がおきやすくなる。
2.腰痛、骨折などの骨粗鬆症になる。
3.コレステロール上昇、動脈硬化などの血中脂質異常がある。

体の変調には個人差がありますので一度ご相談ください。

kounenki_image01
更年期の健康相談調査票はこちら(PDF形式)

治療方法

当院ではまず詳細に症状等をお聞し、内科的疾患及び他の婦人科疾患がないか診察、検査を行ないます。その上で、それぞれの方の強い症状とその人のライフスタイルやパーソナリティなどを分析し、その人に最も適した治療法を選択します。

1.漢方療法

診察の上、体質(証)にあった漢方薬を処方いたします。

2.ホルモン補充療法(HRT)

ほてり、発汗、動悸などの自律神経系の不調を改善したり、皮膚や腟粘膜の乾燥や痛みの改善に有効です。
不足している女性ホルモンを補充する治療法です。

3.精神神経症状に対する薬物療法

不安症状やうつ症状を早めに改善する為に心理療法の上、漢方薬、HRT、抗うつ薬、抗不安薬等を投与します。

4.プラセンタ療法

胎盤から抽出されたエキスの有効成分の注射を定期的に受けていただきます。新陳代謝を促進、自律神経やホルモンバランス調整等の薬理作用をもっているので更年期障害の方にも効果があります。

5.その他

高脂血症や骨粗鬆症等も薬物療法、生活指導をしています。
Page top

診療案内

中絶色々な事情で子供を産めない人はなるべく早くご相談ください。
緊急避妊・避妊妊娠を防ぐ様々な避妊薬をご用意。適合した治療法をご提案します。
性感染症(性病)検査・治療を行うのはもちろん、予防方法も指導しています。
更年期障害漢方薬、ホルモン剤、プラセンタ注射等を用います。
不妊治療・妊婦検診誘発剤、漢方薬等を用い、日常生活を指導します。
line
初診問診票
ピル問診票
更年期の健康相談調査票

モバイルサイト

qr QRコード未対応携帯の方は
>> こちらからアクセスしてください。
森産婦人科
〒577-0056
大阪府東大阪市長堂1-3-8
TEL:06-6781-4925
院長:森 政雄