中絶

人工妊娠中絶について

chuzetsu_image01 妊娠してしまって、色々な事情で子供を産めない方は、できるだけ早く婦人科の診察を受けましょう。
ただし、妊娠22週以降はいかなる場合であっても、法律上手術を受けることはできません。
妊娠12週を越えると死産あつかいとなり、原則として入院手術が必要です。
できるだけ、11週までの早い時期に行うとよいでしょう。
当院では10週までの中絶手術を行っています。

手術までの流れとその後(中絶手術をご希望の場合)

診察当日

1.受付:受付・問診表の記入を行います
arrow 保険証をお預かりし、カルテの作成をします。
2.診察:内診・妊娠検査を行い、正確な週数を出します。
arrow 受付で手術の説明、費用の提示の上、各種書類をお渡しします。
手術手続き:手術日を決めます
  状況により後日になることもあります。
術前検査(採血等)を行います。
※母体保護法の定めにより、手術を受ける為には本人とパートナーの同意を示す、署名捺印が手術前日までに必要です。

手術の手順と注意点

chuzetsu_image02 1.大半の方は、手術前日(夜診)に各種書類提出後、子宮口を広げる処置をして、帰宅していただきます。

2.手術当日は絶食・絶飲での来院となります。手術は原則として静脈麻酔による全身麻酔で行います。手術時間も15分程度ですので麻酔で眠っている間に終わります。

3.手術後の経過を診る為、2〜3時間安静室でお休みいただいて、麻酔がさめれば歩いて帰れます。

手術中、手術後は心臓・呼吸状態を自動的に管理しています。

後日の診察(約4日後〜14日後)

chuzetsu_image03 子宮に異常がない事を確認し終了となります。

手術がうまくいった後は、今後の望まない妊娠を避けるために避妊法を考えましょう。避妊法の中で最も確実な方法はピルですので、当院にご相談ください。
(その他、子宮内避妊用具もありますので、経産婦の方はご相談ください。)

Page top

診療案内

中絶色々な事情で子供を産めない人はなるべく早くご相談ください。
緊急避妊・避妊妊娠を防ぐ様々な避妊薬をご用意。適合した治療法をご提案します。
性感染症(性病)検査・治療を行うのはもちろん、予防方法も指導しています。
更年期障害漢方薬、ホルモン剤、プラセンタ注射等を用います。
不妊治療・妊婦検診誘発剤、漢方薬等を用い、日常生活を指導します。
line
初診問診票
ピル問診票
更年期の健康相談調査票

モバイルサイト

qr QRコード未対応携帯の方は
>> こちらからアクセスしてください。
森産婦人科
〒577-0056
大阪府東大阪市長堂1-3-8
TEL:06-6781-4925
院長:森 政雄